ファンが語る 留美子讃歌

宮崎留美子がアップしたブログやホームページを見て、写真や記事に関係する、いろいろな知的な蘊蓄(うんちく)を交えながら、私への賛美の言葉を書いてきた熱心な恵一さんというファンの方がいました。たんなる宮崎留美子のブログへのコメントとして流しておくには惜しいかなあという思いから、「ファンが語る 留美子讃歌」というブログをつくりました。ブログへアップするにあたって多少の編集はありますが、ほとんど恵一さんの原文のままです。

ファンが語る 留美子讃歌 イメージ画像

散歩(お出かけ)

 私の好みの留美子さんのお写真を1枚だけチョイスする事にしました。 女装のキャリアも長く、著名人でもある、唯一無二の(=The One and Only)存在の留美子さんですから、感動を呼ぶ、素晴らしい出来栄えの秀逸なお写真が数多(アマタ)あります。 その中から、たった
『マイ.フェイバリット.アルバム (1) オンリーワン留美子さん【留美子讃歌 新編 4】』の画像

 今日の留美子さんは、レモンイエローの花柄ミニスカと白のロングブーツ姿。トップスは、桜に合わせてピンクでコ-ディネートしています。(Nice~) 春の陽気の中。とってもお洒落な観楼スタイル。美女と寒緋桜のコラボをご覧になって下さい。
『寒緋桜を愛でる留美子さん 【留美子讃歌 89】』の画像

 今日の留美子さんは,春らしい明るい花柄基調のモザイクデザイン風のトップスと,ボトムはジーンズ。ブーツは,お馴染みのニーハイブーツでは無く,膝下までの一般的なロングブーツスタイルです。街歩きには,持って来いじゃないでしょうか。お洒落感いっぱい。見事なファッションセンス。Fine Beauty 留美子さんです。
『おしゃれタウン横浜ハンマーヘッドの留美子さん 【留美子讃歌 83】』の画像

 今日の留美子さんは、袖が透明のトップスに、いつもながらのハイウエストの超マイクロチェック柄ミニスカ。スラリと伸びた美脚を包む、キャメル色のニーハイブーツ。ミニとブーツの間の眩しい白さの絶対領域の太もも。男性の目を惹きつけてやまないセクシー脚線美です。
『梅の便りの魁(サキガケ)のご一報 【留美子讃歌 78】』の画像

 今回、お写真を拝見した瞬間。留美子さんの見事な美しさに、--瞬息をのまれました。しばし呆然として--暫くたって“Beautiful ?”というのが精いっぱい。見る人を魅了する、妖艶で蠱惑的なミラクルメイクの顔(カンバセ)に惹き付けられます。けっして冷たい美人ではなく、美しさと可愛さとを併せ持った個性的な貴女です。温もりを感じる麗しき女性。妖艶な美しさの、とてもチャーミングな貴女です。
『留美子さんの見事な美しさに一瞬息をのまれました【留美子讃歌 59】』の画像

 留美子さんのいで立ちは、半袖の単色トップスに柄物のショートパンツ。ナチュラルストッキングの足元は鮮やかカラーのカバコソックス。そして、日除けのロンググローブと斜に構えたお帽子の定番スタイル。  どうでしょう? 黒が黒髪なら、五輪カラーをクリアーでしょうか。どうぞ、チャーミングな留美子スタイルをご覧になって下さい。
『チャーミングな留美子スタイルをご覧になって下さい【留美子讃歌 58】』の画像

 一面のイエローの宇宙畑をウオーキングする留美子さん。カバコソックス姿は、いつ見てもチャーミングで可愛さを感じます。黄色いドアは、コスモス畑へ誘(イザナ)う“どこでもドア”ってとこでしょうか。カバコソックスを脱ぐと、形の良い美脚が更にスレンダーになり、スタイル抜群のお洒落なシティーギャルに変身です。
『一面のイエローの宇宙(コスモス)畑をウオーキングする留美子さん【留美子讃歌 56】』の画像

 今日の留美子さんのいで立ちは、単色トップスに柄物ミニスカート。ナチュラルストッキングの足元のカバコ式ソックスも今日は単色。いつものテントウ虫柄ではありません。留美子さんのカラフルな装いが、木々の緑と清冽な滝の流れの風景に不思議とマッチしてとても映えています。
『【留美子讃歌 54】水の流れをバックに抜群のスタイルをご披露』の画像

 一面の赤いキャンパスの背景。その中央に留美子さんの黒と濃いめの洋服カラー。赤と黒の色調の対比の見事なコントラスト。実に絵になる光景です。
『【留美子讃歌 52】彼岸花 in 野川公園』の画像

 秀逸なのは、パリ広場に腰掛けている留美子さん。逆光の中にくっきりと浮かびあがった美女の隴たけて、雅やかな美しさ。しかも左側からの気品をたたえた美顔。スラリと伸びた美脚も、いとをかし~♪ この一枚とでも言うべき素晴らしいショットです。
『【留美子讃歌 51】古き江戸と近代都市のコラボ ~佃島~』の画像

 美人は、どこで撮っても、何を背景に撮っても、絵になります。貴女の場合、更に写真技術をお持ちなのですから、鬼に金棒ならぬ、“美人にカメラ”という所でしょうか。御苑の緑も、たっぷり楽しませて頂きました。何より、極上の美人を拝顔する。これぞ“眼福の極み”です。
『【留美子讃歌 48】美人は絵になります ~新宿御苑~』の画像

 今日は、とってもチャーミングな装いの留美子さんです。トップスはピンク系。半袖の部分のブラックが目につきますね。少し濃いめのジーンズのショーパン。裾の仕上げの白いラインが、印象的です。ふんわりとしたヘアーと細いうなじの隙間を、そよ風が吹き抜けています。
『【留美子讃歌 46】若さいっぱいの、眩しい美しさの留美子さん』の画像

 今日の留美子さんのトップスはカットソー。ふわっとした着心地が、ウォーキングにもこの季節にもピッタリです。ボトムはジーンズのショーパン。ナチュラルストッキングの足元は、お馴染みの、可愛いカバコスタイルです。「源兵衛川のせせらぎを散策し、柿田川の湧水を見学して、三嶋大社へ行って、みしまスカイウォークを歩く」ハードなスケジュールです。
『【留美子讃歌 45】水の都、素敵な三島散歩の留美子さん』の画像

 この日の留美子さんは、ローズピンクの七分袖のトップスに、濃い緑色の千鳥格子柄のミニスカ。瀟洒で落ち着いた色合いのコーディネートです。ナチュラルストッキングの足元は、可愛いピンクの(ソックス重ね履きの)カバコスタイル。大きめのネックレス。斜に被ったお帽子。とてもお洒落なスタイルです。
『【留美子讃歌 42】留美子さんの東京散歩「肥後細川庭園」』の画像

 はじめて貴女のお写真を拝見した瞬間の心のときめき。今でもハッキリと覚えています。あまりの美しさに陶然~。 一瞬息が止まり,頭の中が真っ白な状態----  暫くして我に返ると,美への感動が沸々と湧き上がってきました。
『【留美子讃歌 28】留美子讃歌に寄せて』の画像

↑このページのトップヘ