ファンが語る 留美子讃歌

宮崎留美子がアップしたブログやホームページを見て、写真や記事に関係する、いろいろな知的な蘊蓄(うんちく)を交えながら、私への賛美の言葉を書いてきた熱心な恵一さんというファンの方がいました。たんなる宮崎留美子のブログへのコメントとして流しておくには惜しいかなあという思いから、「ファンが語る 留美子讃歌」というブログをつくりました。ブログへアップするにあたって多少の編集はありますが、ほとんど恵一さんの原文のままです。

ファンが語る 留美子讃歌 イメージ画像

国内旅行

昨日、留美子さんの新しいブログ記事「北海道大学(観光案内)」を拝見し、興味を持って読ませて頂きました。でも、悲しいかな、現地を訪れた事もなく、方向音痴の僕には、位置関係等、少々把握出来ない部分もあり、そこでネットのキャンパス地図を手元に、想像を逞しくしながら地図上を歩き直してみました。  題して、マイ.フェイバリット.アルバム(Ⅳ)「留美子さんの母校北大キャンパス案内」
『マイフェイバリットアルバム(Ⅳ)「留美子さんの母校、北大キャンパス案内」【留美子讃歌 新編 11】』の画像

 留美子さんのFacebookに各地の紅葉のショットが掲載されています。 紅葉を愛でる。なんとも風流で、贅沢な瞬間でしょう。日本に生まれて良かった、なんて実感します。その感動を独り占めなんて勿体ない。どうぞ皆様にも、ご一緒にもう一度存分に味わって頂きましょう。 
『マイ フェイバリット アルバム(3) 紅葉を愛でる留美子さん【留美子讃歌 新編 6】』の画像

 ご存じの様に琉装は、中国の漢服、日本の和装(着物)とならぶ、沖縄の伝統衣装です。 気温の高い沖縄の生活に合った、帯を使わない(又は細帯だけの)ゆったりとして、ゆとりのあるデザイン。袖口を広く開いた風通しの良い工夫。生地も、士族は絣や上布を、庶民は芭蕉布を使
『留美子さんの流麗な琉装に感動して【留美子讃歌 新編 3】』の画像

 今日の留美子さんは、ブルー系のリブ編のタイツとショートパンツスタイル。トップスの上にはライトグレーのコートを羽織っています。春の温暖な日には、軽快なショートパンツ姿がピッタリですね。お洒落なスタイルの留美子さんと菜の花畑のコラボをお楽しみ下さい。
『留美子さん、伊良湖岬をドライブする 【留美子讃歌 85】』の画像

 単色トップス。ボトムは、超ミニスカにニーハイブーツ。なんて素敵な留美子さんなのでしょう。個性的で、人を魅了するファッション。これぞ、留美子式とでも名付けましょう。ほれぼれするようなBeauty Style 。
『なばなの里PartⅡ しだれ梅篇【留美子讃歌 76】』の画像

 今回は、京、近江、紀州、名にし負う紅葉の名所の散策です。留美子さんのいで立ちは、代名詞のニーハイブーツスタイル。いや、ここまで長いとサイハイブーツと呼ぶのでしょうか。パンツやジーンズをインした個性的な装い。圧倒的な存在感があります。Fantastic ! 留美子さんのビューティファッションをも存分にお楽しみ下さい。
『紅葉と美女の絢爛たる屏風画【留美子讃歌 60】』の画像

 今日の留美子さんは、少し肩の入った、袖口のゆったりした、カラフルな色柄のトップスに、白の八分丈のパンツスタイル。斜に構えた粋なお帽子。僕好みの、お洒落なスタイルです。メイクは、いつもながらの涼やかで目鼻立ちの通った美顔。とってもおきれいです。今日は、隴たけた美しさの留美子さんが、颯爽と、軽やかに紅葉山庭園をナビゲートします。
『【留美子讃歌 50】お洒落な留美子さんが颯爽と紅葉山庭園をナビゲート』の画像

 今日の留美子さんのトップスはカットソー。ふわっとした着心地が、ウォーキングにもこの季節にもピッタリです。ボトムはジーンズのショーパン。ナチュラルストッキングの足元は、お馴染みの、可愛いカバコスタイルです。「源兵衛川のせせらぎを散策し、柿田川の湧水を見学して、三嶋大社へ行って、みしまスカイウォークを歩く」ハードなスケジュールです。
『【留美子讃歌 45】水の都、素敵な三島散歩の留美子さん』の画像

 今日は、女子旅にピッタリ。古都の町を、着物姿の留美子さんと一緒に歩いてみましょう。日本女性の着物姿は、四季折々、いつ見ても艶やかな美しさにみちています。今日の留美子さん。涼やかな色合いのお着物。とても素敵ですねえ。
『【留美子讃歌 39】北陸の古都.金沢の街歩き』の画像

 いかわの小径。清らな清流と清らな美人のショット。清涼感を感じる素敵なお写真です。この流れに,夏はスイカを冷やしたりしています。巨鯉の群れの泳ぐ姿にも驚かされます。餌を手ずからあげても食べるんですよ。
『【留美子讃歌 38】清らな清流と清らな美人のショット』の画像

  駅前に駐車している車から,おニャン子クラブの,懐かしい歌が流れていた。この日,留美子は,東京から中央線,小海線を使い,昼過ぎに小諸に到着した。目の覚める様なスタイルの良い美人の登場に,人々の視線が注がれた。
『【留美子讃歌 37】留美子旅情』の画像

 展望台からの,なんと素晴らしい眺めでしょう。限りなく青い空と海のコラボ。圧巻の光景です。今日の留美子さんは,単色無地のトップスにショーパン。足元はソックス重ね履きのカバコスタイル。軽装ながら,おしゃれなコーデネート。艶やかな美しさにみちた留美子さんです。
『【留美子讃歌 35】山と海と大橋』の画像

 留美子さんの今日の装いは,単色トップスに花柄のショートパンツ。明るく,軽快で活動的,更に人目をひく,眩しい美しさのスタイルです。初景滝の前の岩場に立ち,滝のしぶきを浴びながらのお写真が,貴女の隴たけた美しさを際立たせています。とてもおきれいです。
『 【留美子讃歌 5】河津七滝と下田』の画像

↑このページのトップヘ