ここに掲載している写真の元になったブログは 
                       →  
清水公園の花ファンタジアにコキアを見に行く

花ファンタジア05/清水公園花ファンタジア14/清水公園花ファンタジア01/清水公園花ファンタジア02/清水公園花ファンタジア08/清水公園花ファンタジア10/清水公園花ファンタジア03/清水公園花ファンタジア07/清水公園花ファンタジア17/清水公園 野田の本格的しょうゆ造りは、江戸期1661年(寛文元年)に始まりました。しょうゆの主な原料は、大豆、小麦、食塩です。千葉北西部の野田周辺には利根川、江戸川があり、水運の利便性を活用して、大豆は茨城方面から、小麦は群馬、埼玉方面から、塩は千葉の行徳から集められました。完成したしょうゆは、江戸川を使って、往時は江戸まで半日で運ばれました。
 清水公園の歴史は古く、1894年(明治27年)野田醤油(現キッコーマン)の、柏屋5代目茂木柏衛により開園されました。その後、改修整備され、2002年(平成14年)総面積70000㎡のフラワーガーデン、「花ファンタジア」が開園され、現在に至っています。
 今日の留美子さんのいで立ちは、季節を表現した秋らしい色彩のブラウスに、ボトムはミニスカに黒ストッキング。優美でエレガントなスタイルの留美子さんです。
 コキアは、和名:箒草(ホウキグサ)。名前の通り、茎はかつては箒の材料でした。実は“とんぶり”、畑のキャビアとも呼ばれています。秋田の郷土料理として有名です。夏の日射しを浴びて成長していくライムグリーンのコキア。丸々とした可愛らしい形と柔らかな感触----留美子さんの表現では、もふもふして可愛い植物。10月頃になると、夏の緑色から少しずつ色づき始め、緑と赤のグラデーションの色合いが魅力的です。
 コキア畑をウォーキングする留美子さん。秋色に輝くビューティスタイルの美しい貴女です。おっしゃる様にピーク時には、鮮やかな紅葉。真っ赤に染め上げられた絨毯の絶景が見られます。
 清水公園は、桜とツツジの名所ですが、四季の花々は年中見られ、この季節はご紹介頂いたコスモス畑も圧巻です。
 ピンクとイエローの宇宙(=コスモス)世界を歩く留美子さん。愛らしくって、とってもチャーミングです。宇宙は花に満ちているのかしら? 幻想的な詩的イメージを喚起するコスモス畑のお写真です。
 このあとは、秋バラと紅葉の季節、どうぞ錦秋の秋を存分にお楽しみ下さい。日本各地、素晴らしい景観の場所は、彼方此方、まだまだ沢山あります。
 今日は、清水公園「花ファンタジア」をご紹介頂きました。ありがとうございました。
















--------
あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング