ここに掲載している写真の元になったブログは 
                       →
ニーハイブーツで歩く錦秋の光景

 今回の「留美子讃歌」は、2017
年12月9日に、私(宮崎留美子)がアメーバブログにアップした記事をもとにしています。後日、その記事に次のコメント(赤字の部分)が寄せられていました。そのコメントをベースにして、あらたに、原稿が送られてきました。どうぞごらんください。
 GoToトラベルキャンペーンで、観光地はどこも混んでいるのではないかと思われているかもしれません。でもみなさん、コロナ禍のなかで躊躇していらっしゃる方もけっこういて、観光地は例年ほどの混雑はありません。連休のときのごく一時的な現象として混雑さが報道されていましたが、連休をすぎると、「ガラガラで人通りもない」という状態は脱したものの、ギュウギュウで密の状態ということはないと思います。インバウンドの方もほとんどいませんので、落ち着いて観光できると思います。予約が集中して騒がれたのは、ネットの大手の予約サイトのことです。JTBや近畿日本ツーリスト、阪急交通社などのツアーに関しては、まだまだたくさん残っているようですよ。GoToトラベルキャンペーンである程度は観光客がもどってきたという程度です。新幹線なども、春から夏にかけては9割減で、1車両に数人という状態が、現在は半分程度に回復してきたということのようです。でも、来年1月末でGoToトラベルキャンペーンが終わってしまうと、その後の落ち込みが心配ですね。(この部分は宮崎留美子が記す)


 錦織り成す関西路。お見事な紅葉のベルトラインです。
訪問先もドンピシャ。よくぞここまで調べられましたね。毘沙門堂は,桜の名所でもあります。湖東三山は有名ですが、湖南三山まで探訪とは通ですね。和歌山城址も、古来より桜の名所。いずこの地も独特の風情に満ちた色彩にあやどられています。
 今日の留美子さんは代名詞のニーハイブーツスタイル。いや、ここまで長いとサイハイブーツと呼ぶのですか。実に見事なスタイル。個性的な美しさの留美子さんです。「紅葉と美女」の絢爛たる屏風画。 感嘆しきりです。京、近江、紀州。名にし負う紅葉の名所の中に浮かびあがる、貴女の圧倒的な存在感。 Perfect Beauty ! またひとつ、僕の留美子コレクションが増えました。  by恵一


 錦織り成す晩秋の関西路。お見事な紅葉のベルトラインです。訪問先もドンピシャ。まさに“通”の Autumn Leaves Tour です。
 今回は、京、近江、紀州、名にし負う紅葉の名所の散策です。留美子さんのいで立ちは、代名詞のニーハイブーツスタイル。いや、ここまで長いとサイハイブーツと呼ぶのでしょうか。パンツやジーンズをインした個性的な装い。圧倒的な存在感があります。Fantastic ! 留美子さんのビューティファッションをも存分にお楽しみ下さい。
毘沙門堂1 京都山科の毘沙門堂。全山どこを切り撮っても紅葉だらけ。本堂と弁財天堂の回廊からの眺め。仁王門。晩翠園。藥医門。なかでも勅使坂の参道を彩る散紅葉(=敷きもみじ)の絨毯は圧巻です。ここは又、宸殿の動く襖絵でも有名です。どの角度から見ても、鑑賞者が中心にいるという逆遠近法で製作されています。応挙作の板戸の衝立の鯉も、見る角度により鯉の目が動く工夫がされています。
滋賀湖南三山4/長寿寺 湖南三山・・・長寿寺、常楽寺、善水寺。・・・三山とも本堂は国宝です。長寿寺、本堂への約200mの参道のイロハモミジの紅葉のトンネル。一面の深紅の世界を心ゆくまでご堪能下さい。今回は紹介されていませんが、足を延ばせる時間があれば、湖東三山や、永源寺という血染めの紅葉と評される程の名所もあります。(湖東三山や永源寺は、翌年に訪れました。その写真は、最後の方で紹介させていただきます・・・この部分は宮崎留美子が記す)
和歌山城紅葉渓1 和歌山城西の丸御殿の紅葉渓庭園。国の名勝にも指定されています。城の内堀を巧みに利用した水の豊かな広々として、ゆったりとした庭園です。秋の池の水に映る紅葉の景色を愛でながら、優雅なひと時をお過ごし下さい。晩秋の関西路。圧巻の錦秋絵巻に感嘆しきりです。
 留美子さんの三様のブーツインスタイルにも、目をひかれます。紅葉と美女の絢爛たる屏風画。皆様、お楽しみ頂けましたでしょうか。晩秋の時期に訪れてみようかとお考えの皆様もいらっしゃるでしょう。
 訪問した留美子さんより旅程やお宿、観光のご案内を致しましょう。

(※この部分は、宮崎留美子が記す)観光の案内ということですが、筆者が十分に説明されていらっしゃいますので、とくに付け加えることはありません。ただ、湖東三山や永源寺のことを書かれていらっしゃいます。今回、恵一さんが書かれた「留美子讃歌 60」は、毘沙門堂・湖南三山のひとつ・和歌山城の紅葉渓のことについて記されていますが、実は、翌年に、湖東三山を訪問しました。そのときの写真を紹介いたします。

★西明寺(湖東三山のひとつ)
滋賀湖東三山1/西明寺

















★百済寺
(湖東三山のひとつ)
滋賀湖東三山2/百済寺

















★永源寺
滋賀湖東三山3/永源寺


















--------
あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング