ここに掲載している写真の元になったブログは 
       → 
記念公園でレモンイエローに染昭和まるコスモスと出あう

昭和記念公園2/レモンイエロー昭和記念公園3/レモンイエロー昭和記念公園4/レモンイエロー昭和記念公園5/レモンイエロー昭和記念公園6/レモンイエロー昭和記念公園7/レモンイエロー昭和記念公園1/浜離宮キバナコスモス 国立昭和記念公園。180ha 東京ドーム40個分の広さを誇ります。ちょっと大きさが想像を絶していますね。電車で行くも良し、車で行くも良し。入口は8か所です。花の丘、桜の園、渓流広場、みんなの原っぱ、花木園、水鳥の池、トンボの湿地、日本庭園、等々、訪れるエリアはたくさんあります。
 花は四季折々の花が楽しめます。梅、水仙、梅、桜、チューリップ、躑躅(つつじ)、ネモフィラ、牡丹(ぼたん)、ポピー、花菖蒲、紫陽花、ひまわり、彼岸花、コスモス、紅葉、銀杏並木、山茶花、等々。
 今日の留美子さんのいで立ちは、単色トップスに細かいチェック柄のミニスカ、ナチュラルストッキングの足元は可愛いカバコソックス、& 小粋なお帽子。
 園内の原っぽ東花畑の散策です。一面、レモンブライトの黄色いお花畑です。黄色いコスモスは、玉川大学で突然変異の黄色い一輪が発見されたものを、長年交配実験の末、1987年イエローガーデンとして公開されました。更に翌年、より黄色い品種としてイエローキャンパスが発表され、多くの人の目を楽しまる様になりました。日本オリジナルの品種です。
~コスモスや 風に吹かれて 明らかに~♪ (高浜虚子)
 虚子の時代には、黄色いコスモスなんて想像もつかなかったでしょう。コスモスは、秋桜という漢字がピッタリします。でも、原産地はメキシコで、ヨーロッパから幕末に日本に渡来しました。
 美しく繊細でありながら、強靭さを併せ持つ花姿のコスモス。コスモス(=宇宙)はギリシャ語で秩序、調和を意味します。対語はカオス。
 一面のイエローの宇宙畑をウオーキングする留美子さん。カバコソックス姿は、いつ見てもチャーミングで可愛さを感じます。黄色いドアは、コスモス畑へ誘(イザナ)う“どこでもドア”ってとこでしょうか。カバコソックスを脱ぐと、形の良い美脚が更にスレンダーになり、スタイル抜群のお洒落なシティーギャルに変身です。そよ風に吹かれる“手弱女”。虚子の歌の世界が現前しています。
 昭和記念公園は、70万本のレモンブライト。400万本のセンセーション。80万本のイエローキャンパスと、コスモスの見頃が10月いっぱい続きます。
 浜離宮庭園のキバナコスモスは、ドワーフイエローという品種の様です。何れにしても、日本人の感性に訴えるものを持っている素晴らしい花です。どうぞ、いずこの地でも、風情ある日本の秋の季節を存分にお楽しみください。
 ナビゲート下さった留美子さんに賞讃と感謝の拍手を送りましょう。ありがとうございました。( 拍手 拍手)

--------
あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング