ここに掲載している写真の元になったブログは 
          → 
今が盛りと咲く彼岸花(曼殊沙華)を背景に写真撮りに行きました

「暑さ寒さも彼岸まで」
 秋の彼岸は、秋分の日を中日として、前後3日間合わせて7日間です。彼岸は、サンスクリット語の“波羅蜜多”を漢訳した“到彼岸”の略語です。お彼岸には、先祖の霊を敬い、墓参りをする(仏教的)行事を行います。この彼岸の時期に、鮮やかな真っ赤な花を咲かせるのが彼岸花です。
 彼岸花。学名はリコリス。一般的には曼殊沙華とも呼ばれています。曼殊沙華はサンスクリット語のmanjusaka(=赤い天上の花)を音写したものです。彼岸花は、9月初旬頃から花苞をつけた茎が地中から出てきて、その苞が破れて、短い柄をつけた6枚の花弁を持つ花が、外側に輪を描く様に並んで、大きく反り返る様に咲きます。初秋を彩る彼岸花は、日本の農村地帯の風景描写となっています。畑の縁や道路の土手、墓地など至る所で真っ赤な花を見る事が出来ます。

 秋の彼岸の佳き日。留美子さんと一緒に都立野川公園を訪れましょう。
 今日の留美子さんのいで立ちは、ドレープ袖のゆったりとした濃い色合いのブラウスに、ボトムは黒のフレアーミニスカ。その先はスラリと伸びたナチュラルストッキング脚。お帽子を斜に被ったお洒落な装い。いつもながらのファッショナブルな留美子さんです。
 このエリアは、野の森構想で緑化事業が活発に進んでいます。神代植物公園、武蔵野公園等多数あります。野川公園の自然観察園もその対象です。この彼岸の短い期間の前後、緑の木々の中に彼岸花の赤い絨毯が敷き詰められている、見事な光景を一度ご覧下さい。この時期でしか見られない絶景です。
 一面の赤いキャンパスの背景。その中央に留美子さんの黒と濃いめの洋服カラー。赤と黒の色調の対比の見事なコントラスト。実に絵になる光景です。

野川公園1野川公園2野川公園3 ローアングルからのショット。見事な構図の素晴らしい出来栄え。傑作と申せましょう。抜群のスタイルの留美子さんの、ムービングウォークの瞬間を撮ったナイスショットです。





 正面からのショット。貴女の燃える恋の炎が、彼岸花に乗り移って、真紅のカラーになったのでしょうか。麗しい魅惑の美女。煌びやかな、美しい瞳の留美子さんです。






 そしてラスト。貴女の美顔に焦点したショット。見る人を魅了し、陶然とさせます。隴たけた魅惑のミラクルメイク。貴女の豊麗な眼差しが人々を惹き付けてやみません。

 都内にも、彼岸花の見れる場所はたくさんあります。立川市の国立昭和記念公園。府中市の郷土の森博物館。足場の近い所では小石川後楽園。この時期でしか見られない赤い彼岸花。白花曼殊沙華。黄色い鍾馗水仙。等々・・・ 色とりどりの彼岸花を愛でましょう・・・。
 留美子さん、有難うございました。留美子さんのナビゲートに感謝の拍手。拍手。

--------
あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング