ここに掲載している写真の元になったブログは 
          → 
私の好きなスタイルのひとつです ~浜離宮庭園にて~


浜離宮庭園2浜離宮庭園1浜離宮庭園3浜離宮庭園5浜離宮庭園6浜離宮庭園4 1830年。ナポレオン失脚後のフランス復古王政の時代。
 スタンダールは、実際に起きた殺人未遂事件をヒントに、野心的な青年ジュリアンとレナール夫人、資産家の娘マチルダとのストーリーを中心に、主人公の成功と挫折を描いた小説「赤と黒」を発表し、近代リアリズム小説の先駆者と呼ばれています。
 軍人を赤。聖職者を黒。と見立ててのタイトルなのでしょうか。赤は生命の情念の色。黒は心の鎮静化。その対比をタイトルとしたのでしょうか。“愛は私の人生で最も大切なものであり、唯一のものです” スタンダールは、1842年パリの街頭で倒れ59歳で死去。最後の言葉は“書いた。愛した。生きた。”

 赤のブラウスと黒のミニスカ。そして黒のストッキング。貴女の抜群のスタイルの上半身。豊満な胸と細いウエスト部分は、著名なゲイのデザイナーであるディオールの“ニュールック”を連想させます。
 しかし、ボトムは、ふんだんに布を使った下半身を覆いつくすスタイルではなく、留美子さん独特のバレリーナのチュチュの様に腰から台形に開いたマイクロミニスカです。そして真っ直ぐに伸びた形の良い脚を包むストッキング脚。見事なビジュアルの留美子さんです。
 全体をトータルして、貴女独特のファッションスタイルを留美子式と呼びましょう。見事なスタイルと艶やかな美しさの留美子式スタイル。最高に素敵な貴女です。

 浜離宮公園。大手門橋を渡り、三百年の松の先にある広いお花畑。今を盛りのキバナコスモス。鮮やかなオレンジ色とイエローの花畑。内堀広場で敷物を敷いてピクニック気分を楽しんでご覧下さい。クマンバチや青筋アゲハが蜜を吸っています。トンボも飛んでいるでしょう。9月中には、ピンク色のコスモス(秋桜)が満開になります。
 インスタ映えとも言いますが、フォトジェニックという表現が留美子さんらしいですね。端的には、フォトジェニックは写真写りが良いという言葉です。本来は、物ではなく、人を撮る時に使います。細かい理屈は抜きにして、美しい留美子さんを愛でましょう。
 池に架かる橋の上から。キバナコスモスのお花畑の中で。美しい留美子さんと浜離宮公園の風景のコラボ。フォトジェニックなお写真の数々。存分に楽しませて頂きました。
 留美子さん。ありがとうございました。また次回、素敵な東京散歩を楽しみにしています。

--------
あいさつ4 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング