ここに掲載している写真の元になったブログは 
                    → 
横浜、氷川丸を見学

 赤坂氷川神社下に住む勝海舟が,晩年,幕末維新の時勢や人物について自在に語ったのが『氷川清話』です。
勝は広い視野を持った人物で,江戸開城の際,西郷隆盛を愛宕山(標高26m)に連れて行って,江戸の街を望みながら,消失させてはいけないと説きました。 当時はビルもなく,四方見渡せたのです。
氷川丸1氷川丸2氷川丸4氷川丸3 埼玉県,東京都下,神奈川県下にある約280社の氷川神社の中心は,武蔵国一宮の大宮氷川神社です。氷川丸の船名は,この氷川神社に由来しています。姉妹船は2艘。「日枝丸」は千代田区の日枝神社を。 「平安丸」は平安神宮を祀っています。3船のイニシャルは『H』。 確かに家族の様ですね。しかし,氷川丸以外の2艘は,残念な事に,戦火に消えています。
 氷川丸の歴史は,留美子さんが詳しく紹介されていますが,人間で言えば,波乱万丈の人生。現在90歳の老人=氷川丸は,横浜の地で悠々自適の生活を送っているのですね。

 今日の留美子さんのいで立ちは,黒地に色とりどりの花柄を散りばめた乙女らしいトップス。ボトムは,白のミニスカに,6分丈のレギンスを合わせた,鮮やかなコーディネートです。

軽快でカジュアルな装いが,おしゃれな港町にピッタリですね。氷川丸を背景にして撮ったお写真。スレンダーなスタイルの素敵な留美子さんです。
 山下公園の噴水の前。ちょっぴり固い姿勢で,記念のワンショットでしょうか? フェミニンビューティな美女.。留美子さんです。
 あたたかな日差しのデッキに腰掛けているお嬢さん。どことなくお上品で垢抜けた雰囲気ですね。手先,足先までおしゃれに気を配った,小粋なシティレディーです。

 さあ,氷川丸の見学は,これでおしまい。大きな船内。結構歩いたので,おなかが空いてませんか? ちょっとひといき。近くの,シナモンズのパンケーキはいかがでしょうか。

-------------------

このブログは、2つの女装関連のランキングに参加しています
下の2つのバナーをそれぞれポチッと押してくださいね

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村


人気ブログランキング