※「留美子讃歌」は、私がアップした記事と写真に、いろいろな解説を書いてくださってコメントされたものを転載したものです。作者はKさんという方です。

河津11「通がつづら折りになって いよいよ天城峠に近づいたと思うころ,
雨足が杉の密林を白く染めながら,すさまじい早さで麓から私を
追ってきた。」 (少年の日に読んだ一節を今でも覚えています)
伊豆と河津町の境の峠から「伊豆の踊子」の物語は始まります。

下田街道を浄蓮の滝から河津七滝とドライブするのもひとつだが,

この時期は新緑のマイナスイオンを味わうハイキングも格別です。
因みに,七滝(ナナダル)は,滝の事河津12を垂水(タルミ)という,河津地方の言葉使いから由来しているとの事です。

留美子さんの今日の装いは,単色トップスに花柄のショートパンツ。

明るく,軽快で活動的,更に人目をひく,眩しい美しさのスタイルです。
初景滝の前の岩場に立ち,滝のしぶきを浴びながらのお写真が,
貴女の隴たけた美しさを際立たせています。とてもおきれいです。

翌日は,花柄トップスにブルージーンズ。 +ハイヒール。
河津13河津14留美子さんの美脚を更に美しく見せるポイントはこれ(ハイヒール)。
朝一番。滝のそばまで行けるラッキー。貴女は持っていますね。

開国の舞台=下田。 了仙寺のアメリカジャスミン。独特の甘い香りを持っています。和名;においばんまつり。ナス科の植物です。
ペリーロード。平滑川沿いの石畳の道,伊豆石,なまこ壁の家並み,
柳並木が江戸の風情を醸し出しています。
その先の下田公園は約15万株,日本一を誇る紫陽花公園です。
了仙寺の2枚のお写真。ペリーロードの留美子さん。
魅力的なグラマラスボディーに,日本人ばなれしたSlender Feet !
貴女の脚だけでなく,全身みごとな容姿を愛でましょう。
河津~下田。素敵な伊豆紀行。
ありがとうございました。
河津15下田11
下田12
下田13