女性の美しさは、齢(ヨワイ)を重ねるにつれ、どんな風に変遷していくのでしょうか。留美子さんの、数多(アマタ)のお写真の中から数葉を選び、簡潔に考察してみました。

(1)セーラー服姿の可憐な乙女。少女から大人へ成長する間(ハザマ)の微妙な美しさ。
 ハッとする美少女振り。可憐な純情さの中に、大人の女性の品位をも併せ持つ不思議なお写真です。穢れを知らないのに、恋愛経験は豊富。校内人気NO、1。そんな乙女に憧れた学生時代もありました。
(1)セーラー服姿

(2)この女性の香り立つような高貴な美しさと、けっして幼さを忘れないでいるチャーミングな美貌。ひと目見た瞬間に、しばし絶句。あまりの美しさ故に、貴女の美の虜(トリコ)になってしまいますね。この魅惑の眼差しと、蠱惑(コワク)の微笑みに、まみえた瞬間に、きっと男性は恋におちるのでしょうね。極上の美女の名に相応しい、美フェロモンいっぱいの留美子さんです。
(2)極上の美女

(3)成熟した大人の女性の魅力を存分に発揮されているお写真です。
 光輝く満点の美貌と、隠しようのない溢れ出る知性美。まさに才色兼備の女性と言いつべきでしょう。この女性は、日々のルーティンをしっかり行い、贅沢を慎んだ健康的な生活を、きっとなさっていらっしゃるでしょう。キャリアウーマンの、美オーラあふれる魅惑の美女振りをご堪能なさって下さい。
京都58/京都府立植物園

 目を瞠(ミハ)る抜群のプロポーションも、また留美子さんの魅力のひとつです。(ショートパンツ姿2態)
(4)萩のトンネルにて、ややローアングルからのファインショット。
 八頭身以上かな? 均整のとれた、抜群のビューティ.プロポーションです。華やかな雰囲気。しなやかな肢体。シャインビューティ留美子さんです。ちなみに、八頭身美人の元祖、伊藤絹子さんのスリーサイズは「胸囲86 羽回り56 腰回り92」だったそうです。ウエストの事を羽回りって言うなんて、とっても優美な表現ですね。
萩のトンネルjpg

(5)上田城にて、何とも可愛いポーズの留美子さんです。
 袖口のふわっとしたトップス、ロンググローブ、幅広のベルト。ジーンズ地のショーパン、つま先の見えるトレンカ。これぞ留美子式ファッションです。ひと目見た瞬間、留美子さんの可愛さに、ギューとハートを鷲づかみされました。
上田城址

 (4)(5)どちらも、素晴らしい脚線美です。脚フェチでなくても、この Beauty Legsには、目をそばだてて見入ってしまいますね。

(6)ローズガーデンにて。背景をぼかして、人物に焦点をあてた、ファインショットです。
 濃厚メイクの美人のことを、濃抹(ノウマツ)な粉白黛墨(フンパクタイボク)振りなんて表現しました。昔の人は、難しい表現をよく使われました。基礎的素養に、漢文が入っているからでしょうか。留美子さんの秀麗な美貌。感動に胸が震えます。隴たけた美顔の際立つ美麗さに心奪われます。平安朝美人の奥ゆかしさと、現代美人の華やかさとを醸し出しているファンシーメイク。心の琴線を揺さぶる、最高に美しいショットに、しばし感動しています。
 こんな風に美しく齢(ヨワイ)を重ねられるなんて、本当に素敵ですねえ~ これからも、更に一層、美に磨きをかけられて、(カメラの)腕に縒(ヨ)りを掛けられて、感動を呼ぶワンショットをご披露なさって下さい。心待ちにしております。

横浜ローズガーデン

--------------------------------------------------------------------------
 このブログは、2つの女装関連のブログランキングに参加しています。ブログランキングは、それぞれのブログに貼られているバナーをポチッと押してもらうことで、押された数によってランキングが決定されるしくみになっています。このブログを、ぜひ上位のランクにしていきたいと思っています。
 どうか、下の2つのランキングのバナーを、それぞれポチッと押していただければ幸いです。
 よろしくお願いいたします。